任意自動車保険の相場をネットで見積もり比較

ダイレクト自動車保険

万が一に備えての自動車保険。多くのドライバーの方は、車を買ったディーラーの代理店や、車検をお願いしている整備所などの代理店経由で自動車保険に入っています。 その際、どんな保障内容か詳しく聞いている人はどれくらいいるでしょうか?「大体の内容は知っている」と皆さん言いますが、詳細な保障内容ついては把握していない場合も多いのが実情ではないでしょうか?

代理店で自動車保険に加入する場合は、いわゆる「おまかせ」で入ることが多いです。「この車ならこの保険」「みんなが入っているこの保障内容の保険」といった具合に、代理店がすすめる「お決まりの自動車保険」だったりします。

保障内容を確認しないと、それほど必要のない「特約」がついていたり、必要以上の保障額を支払っているケースもしばしば見られます。知らないうちに、実際は払わなくてもいい保険料を支払い続けているかも知れません。

ネットで自動車保険の一括見積もりをすると、自分の運転スタイルに合った最安の保険が選べます。また、見積もりの際に各保険会社のおすすめプランの詳細も教えてくれるので、そちらを参考に自分にとって一番安い自動車保険をカスタマイズすることができます。

ネットの保険は保険料が割安!

自動車を所有した際に入らなければいけないのが、自動車保険。多くの方は、保険代理店を通じてか車を購入したディーラーや、車検と一緒になど、代理店を経由して保険加入の手続きすることが多いと思います。

日本は海外に比べて、車にかかる税金、駐車場代が高く、家計を圧迫するような金額になる場合もあります。

自動車保険の見直し時に注目されているのが インターネット経由で加入ができる「ダイレクト型自動車保険」。

インターネットで各社の自動車保険を一括見積もりをすると、保障・ロードサービスなどが同じなのに代理店より平均3万円程度安く入れます。50,000円以上も安くなったというケースも。

保険商品も「ソニー損保」や「三井ダイレクト」「東京海上」など大手の保険会社が販売しているので安心です。

保険料の相場や適正価格が一目でわかる

保険代理店やディーラーで加入する場合は、その一社のみの保険内容しか把握できずに他社との比較ができないというデメリットがあります。 実は保険料は保険会社によって違うので比較しないと損をしてしまう可能性もあるのです。

インターネットで見積もりをとる場合、自分で保障内容を選ぶことが可能というメリットがあります。

例えば、通勤用に毎日使用する車またはレジャーのみしか使用しない車、そういった部分を自分で設定することができます。 そして設定後は20社以上の保険会社の見積もりを一括で入手できるため、それを元に比較対象できます。

20社以上の保険会社の保障内容を一度に知る事ができるため、相場を確認でき安心です。

納得のいく保険選びが出来る

自動車を所有していても毎日乗るとは限りませんよね? 「週に1回しかのらない」という方が毎年高い保険料を支払っているともったいないと感じてしまうのは当然のことです。

また、保険代理店で加入すると他社の保険と比較できないまま加入することで、 後々後悔してしまうケースもあります。

ダイレクト自動車保険なら自分で納得した保険料及び保障内容を選ぶことができます。 また保険会社によってはインターネット割引が適用になる保険会社もありお得感が増します。

いつでもどこにいても、最短5分の入力で各保険会社から見積もりがもらえる

見積もりサイトに必要事項を入力するだけで、20社以上の保険会社の見積が一括で入手できます。 一日24時間、時間を選ばずネットで見積もりを取る事が可能。

用意するものは現在加入している「保証証券」または新規で入る人は「車検証」だけでOKです。 自分の好きな時間で最短5分で見積もりが入手できます。

自分で1社ずつ見積もりを取る手間が省ける。

保険代理店で自動車保険の見積もりをする場合は店舗に自ら赴き説明を聞くという時間が必要です。 自分の希望する保障内容については店舗の人が説明してくれますが、1店舗行くごとに時間と手間がかかることは避けられません。

大手の自動車保険というとソニー損保、イーデザイン損保(東京海上グループ)、チューリッヒなど色々ありますが、そんな20社以上に及ぶ保険会社の 保険料をひとつずつ見積もりをとっていたら時間と労力が相当かかります。

ダイレクト型自動車保険の場合は、簡単に見積もりを取ることが可能最短5分で確認できます。

テレビCMなどでよく耳にする「ダイレクト自動車保険」ってどんな保険でしょうか。別の言い方では、『通販型自動車保険』とも言われいます。

簡単に言うと、インターネット電話で契約することができる自動車保険が「ダイレクト自動車保険」です。

ネットが普及する以前の自動車保険は、保険代理店自動車販売ディーラーの代理店を経由して契約することがほとんどでした。

金融ビッグバンによる規制緩和で、自動車保険も販売窓口が豊富になり、通販ネットでの販売が可能になりました。 代理店を通さず、保険会社とまさに「ダイレクト(直接)」に契約するので、手数料や余計な人件費がかからない分、代理店と比べて保険料が安くなることが多いです。

「ダイレクト自動車保険」を販売する保険会社は国内・外資系含めておなじみの大手保険会社が販売していますので、代理店経由とのサービスの違いはありません。

もし何か違うとすれば、代理店では、人を介していることでしょうか。

保険料を節約したい!という方には「ダイレクト自動車保険」がおすすめです。

ダイレクト自動車保険 ランキング
イーデザイン損保

イーデザイン損保は、東京海上グループのダイレクト自動車保険です。保険業界でも最王手。事故受付後は、事故対応からすべて解決するまで、1人の担当者が責任をもって事故解決にあたってくれる。

インターネット割引は新規契約・継続契約を問わず1万円。 保険料は、走行距離に応じた保険料を設定することが可能。 ロードサービスも充実しており、利用は無料で、回数制限もありません。

早割・e証券は、それぞれ500円になっている。 「みんなといっしよプラン」や「とにかく節約プラン」「女性にやさしいプラン」など7つのケースから自分に合ったプランと見積を自由に作ることができる

ソニー損保

走行距離に応じた保険料体系を1 番に採用したソニー損保。 ソニー損保の自動車保険は、3,000kmから無制限までの7区分の走行距離に応じた保険料を選べるのが最大の特徴。走行距離が少ないなら20等級でも安くなる可能性もあり。 契約時に申告した走行距離よりも、実際の走行距離が短かった場合は翌年に繰り越せる。

実際の走行距離が契約距離区分の上限より1,000km 以上下回ったら、翌年の保険料が割り引かれる「くりこし割引」がある。 「くりこし割引」は、保険料を払い過ぎることはないので安心。 もらい事故など自分に過失がないケースでは示談交渉ができません。もらい事故での弁護士費用の補償や、車をおりてからのトラブルの補償など特約もある。 また、インターネット割引や継続割引、ゴールド免許割引など各種割引も多数あります。

チューリッヒ スーパー自動車保険

チューリッヒ保険の「スーパー自動車保険」は、走行距離に応じて保険料を設定しています。年間走行距離が3,000km以内なら最も保険料が安くなります。 走行距離区分やゴールド免許割引、インターネット割引など、ダイレクト系ならではの特徴が人気。業界最高水準のロードサービスに高い評価を得ている。

レッカー移動が最高100km、事故時のGPS緊急通報サービスなどダイレクト系で不安視されることの多い事故時のケアをカバーしている。 事故時の宿泊費用は人間だけでなく、同伴していたペットのペットホテル代や帰宅費用を補償。もちろん、ペットホテルでお留守番しているペットの延長費用もOK。 ダイレクト系ならではの割引も充実。e証券割引は500 円。さらにインターネット割引は、新規なら最大12,000 円、継続でも最大7,000 円分が割引される。

SBI損保

SBI損保の自動車保険は、ダイレクト系ですが、走行距離を採用してません。 走行距離が長距離であっても、保険料は変わらないので、ドライブ好きな人なら、走行距離を気にせず運転することができます。 補償はシンプルで、3つのプランから選択するわかりやすい内容。 ロードサービスも比較的充実している。レッカーサービスは最寄りの工場まで距離無制限、契約者の指定工場までは50kmまでOK。

GPS による位置情報通知なども付帯されている。 ぶつけやすい自宅の車庫は、対物賠償保険では補償されません。あくまでも他人の物を壊した場合の補償ですが、自宅・車庫等修理費用補償特約を付けると初心者でも安心です。 自転車事故補償特約は自転車の事故を最高1億円まで補償があり、家族全員が補償の対象になっている。

三井ダイレクト損保

ダイレクト系の通販損保でありながら走行距離だけでなく、運転免許証の色も保険料に反映しない商品です。 ネットでの試算が簡単にできて、ニーズに合った補償内容のカスタマイズが可能です。 自分の走行距離等の走り方や必要な補價内容を把握しきれていない人が、無難に選ぶとしたら、実はバランス性に優れていて保険料も割安。初心者向けの保険です。